カラコン選びの情報サイト

このサイトでは初めてカラコンを利用するという方に向けて、通販サイトなどで販売されている色々なレンズの正しい選び方や付け方、サイズ選びの際に重要となる着色直径の情報や通販で購入する際の注意点などを詳しくご紹介しています。
今まで購入した経験のない方でも、どのような選び方をすればいいのか正しく知ることにより、安全に普段の生活に取り入れることができるようになるので情報チェックした上で購入するようにしましょう。

カラコンのサイズが合わないかも?正しい付け方・選び方

カラコンのサイズが合わないかも?正しい付け方・選び方 "安全に利用するためや、正しいカラコンの選び方のためにも眼科で検査を受けて、正しい度数を把握するようにしましょう。 装着するカラコンの大きさは悩んでしまいますが、迷うなら目の黄金律として黒目と白目の比が1:2:1が理想的だとされます。そこで定規やメジャーで目の横幅を測り、それを2で割った数値が最適な着色直径になると判断出来ます。DIAが大きすぎない物を選ぶことも大切で、DIA14.0~14.2mmが平均的なサイズを選ぶとレンズがズレにくくなり安定した装用感が得られます。 また初めて選んだレンズが万が一合わないといったトラブルが起こってもいいように、使いはじめは長期利用タイプではなくワンデータイプを選ぶようにしましょう。そうすることで使い捨てなので衛生的ですし、様々なタイプが試せます。"

カラコンが痛いときはサイズが合っていない可能性が高い

カラコンが痛いときはサイズが合っていない可能性が高い カラコンをつけていて目が痛いと感じるのであれば、購入したもののサイズが合っていない可能性が高いと知っておきましょう。レンズの大きさが適切でなければ、目にフィットさせることができないだけではなく、眼球を傷つける原因になる可能性が高いです。近頃は眼科以外の場所で購入する人が増えていますが、事前に自分に最適なカラコンについて理解しておかなければ、適切なものを選ぶことができません。怪我や病気のリスクを高める可能性があるので、視力矯正のための度数を調べる必要がなくても眼科などを1度利用しておくべきだと言えます。眼球の大きさが大きく変わってしまうことはないので、基本的には1度診察を受けておけば自分にピッタリのものを選ぶことができるようになるでしょう。ただし、日常的にカラコンをつけるのであれば、トラブル防止のためにも定期的に検診を受けることがおすすめです。カラコンが痛い場合はサイズ間違いの可能性が非常に高いので、自分に最適な数値を知らないまま購入することはやめてください。あらかじめフィットするサイズを正しく知っておけば、つけたときに痛い思いをすることなく、カラコンでオシャレを楽しむことができるようになります。

カラコンを購入するなら人気店がおすすめです

カラコンを購入するなら、人気店を利用するのがお勧めです。製品の種類が多いですし、たくさんの在庫の中から自分に最適なものが見つかりやすいメリットがあります。又、カラコンといってもカラーやデザインや直径など、様々な種類があるのでネット通販の方が店頭よりも種類が豊富なのがメリットです。
ネット通販なら、好きな時に購入することができますし24時間365日いつでも注文ができます。海外通販の場合は、1週間くらいで商品を受け取ることができますしポイントがたまったり割引などもあります。キャンペーンやセールなどを利用すると、もともと安い製品がさらに安く購入できるのも魅力です。
カラコンを安く買いたいなら、人気店を選ぶことでメリットが沢山あります。安くて品質の良いお店が人気なので、そういうお店の口コミを参考にして選んでみてはいかがでしょうか。お得な価格の製品が充実していて、乱視用などの扱いもあるので実店舗よりもお得です。

信用出来るカラコンは高度管理医療機器承認番号がある

インターネットでも手軽に買えるカラコンですが本当に信用できるか心配です。日本では平成21年11月4日に「高度管理医療機器」となり薬事法の規制対象となりました。これは副作用や機能障害等が生じて、人体リスクを与える恐れがあるとされる医療機器に分類されるもので、国から承認されてないレンズは販売禁止されてます。
日本の安全基準を満たしているカラコンだとパッケージに「高度管理医療機器承認番号」が記載されているので、まずはこれを確認するといいです。
中には、日本製でなく海外製のものもありますが、実は今市場に出回っているほとんどのものは、日本製ではなく海外からの輸入品ですが、これも日本の安全基準を満たしているなら安全です。ただ、中には悪徳業者もいて日本未発売などで海外サイトで買った品の中には、厚労省承認を得ていない物を販売するメーカーやサイトもあります。例えばインターネットの個人輸入代行サービスを行う業者などで、買うときには値段・デザインだけでなく、許可を持っているからも重要です。

カラコンのサイズを知ろう

カラコン 14.5